第二の問題、再検討

讃岐富士(飯野山)の2007年4月1日の景色です。

第二の問題の再検討

■仕切りなおし
我々が第二の問題「私は何のために生きるのか」を問うのは、次の矛盾のためであると上にのべた。
  (a)「私はもっと生きたい」という意図・願望
  (b)「私は何のために生きるのかわからない」という現実認識

この二つが、本当に矛盾しているのかどうかが曖昧なので、今回検討することを予告した。
 しかし、これについて考えているうちに、もっと重要な間違いに気づいた。

 (b)「私は何のために生きるのかわからない」という自己認識は、「私は「何のためにいきるのか」という問いに答えられない」ということであり、私が「私は何のために生きるのか」と問うて、答えられなかった、という経験にもとづく認識であるだろう。
 もし、そうだとすると、「私は何のために生きるのかわからない」という現実認識が成立する前に、すでに「私は何のために生きるのか」という問いが発せられていることになる。つまり、この問いは、(a)と(b)の矛盾(仮にこの二つが矛盾だとしても)によって発生するのではない。

■振り出しに戻って
 では、「私は何のために生きるのか」という問いは、どのようにして発生するのだろうか。このような問いを問うときに前提になっていることは、「私は生きている」という認識である。なぜなら、この問いは、「私が生きている」ということの理由を問うものだからである。 ところで、「私は生きている」と「私はもっと生きたい」だけでは、そこから「私は何のために生きるのか」という問いは生まれない。では、何が必要だろうか。

 一般的に、人が行為の理由を問うのは、どのようなときだろうか。
 たとえば、ジョギングをしていて苦しいとき、「私は何のためにジョギングしているだろうか」と自問することがあるかもしれない。私が次のように考えているとしよう。
   私はジョギングしている。
   ジョギングが苦しいので、私はジョギングをやめたい。
   しかし、私はジョギングをやめたくない。
このとき、私は次の問いを立てるだろう。
   「なぜ、私はジョギングをやめたくないのか」あるいは
   「私は何のためにジョギングをしているのか」

 これをさらに少し変えて、私が次のように考えているとしよう。
    私は生きている。
    生きるのが苦しいので、私は生きるのをやめたい。
    しかし、私は生きるのをやめたくない。
このとき、私は次の問いを立てるだろう。
    「なぜ、私は生きるのをやめたくないのか」あるいは
    「私は何のために生きているのか」

ここでは、次の二つの意図(欲求)の矛盾が成立している。
    「生きるのが苦しいので、私は生きるのをやめたい」という意図・欲求
    「私は生きるのをやめたくない」という意図・欲求
では、この二つの意図の矛盾の解決のために、次の問いを立てるのだろうか。
    「私は何のために生きているのか」
私は、これまで、現実と意図の矛盾から、問いが発生すると考えてきたのだが、
このケースについては、どのように考えたらよいのだろうか。

(今日は、もう頭が動かないので、次回にこれを検討します。)

投稿者:

irieyukio

問答の哲学研究、ドイツ観念論研究、を専門にしています。 2019年3月に大阪大学を定年退職し、現在は名誉教授です。 香川県丸亀市生まれ、奈良市在住。

「第二の問題、再検討」への3件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS:
    はじめまして。。。面白いブログですね。。。 ぜひ俺のブログよろしくお願いします。。。

  2. You work hard to dress up your life and control the big and small things in life. But be sure to dress yourself. That way, your life is refined enough.

  3. Whats Taking place i am new to this, I stumbled upon this I’ve discovered It positively useful and it has aided me out loads. I am hoping to contribute & help other users like its helped me. Great job.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。