クマ出現に注意

  クマのように手ごわい認識論的個人主義者

さて、前回の反論を吟味したいと思います。
 
前々回、私は次のように考えました。
「私は存在しない」という発話と同様に、「あなたは存在しない」という発話もまた、語用論的矛盾です。「あなたは存在しない」と私があなたに話しかけるとき、
発話行為の事実<私があなたに話しかける>と 
発話内容「あなたは存在しない」
が矛盾しているからです。ここから私は、次のように議論を拡張しました。もしそのようにいえるとすれば、「私はあなたに話しかけていないかもしれない」という発話も矛盾している。なぜなら、次の二つが矛盾しているからです。
発話行為の事実<私はあなたに話しかける>と
発話内容「私はあなたに話しかけていないかもしれない」

前回の認識論的個人主義者の反論は、この後者が矛盾していないという主張でした。

彼の反論を整理しましょう。 
まず、認識論的個人主義者は、よく似ている例として、次の事例<ドアを叩きながら、「どなたかいませんか」と質問する場合>を挙げて、それは矛盾していないといいました。
   発話行為の事実<私は内部にいる人に話しかける>
   発話内容「内部にどなたかいませんか?」
これは、質問なので、疑問文の内容と事実の主張とは直接には矛盾しないのですが、しかし、全ての疑問文は何らかの命題を前提します。ここでは、<発話者は、内部に誰かがいるのかどうかを知らない>という命題ないし事実が前提されています。
発話行為の事実<私は内部にいる人に話しかける>
   質問の前提<私は内部に人がいるかどうかを知らない>
この二つは矛盾するでしょうか。

認識論的個人主義者が述べたように、確かにわれわれはこのような質問を行います。そしてこのような質問は、われわれのコミュニケーションを可能にするために非常に重要な機能を持っています。実は、私は、このような質問は、コミュニケーションを可能にするために不可避のものであるとも考えています。しかし、そのように考えるとしても、そのことから、「その質問発話は矛盾していない」という命題を導出することはできません。

さて、この発話の事実と質問の前提は矛盾しているでしょうか。(今のところ、私には矛盾しているのかどうか、よくわかりません。「なぜ、矛盾しているかどうか、というような単純な問いに、明確に答えられないのか」ということ自体もよくわかりません。奇妙なねじれがありそうです。)

この質問との類似性に基づいて、「私はあなたに話しかけていないかもしれない」という発話が矛盾していないというのが、認識論的個人主義者の反論でした。

この二つの発話の間の、類似性、については、もう少し検討の余地があるだろうとおもいます。またその類似性を認めるとしても、これらが矛盾していないといえるかどうかについてもまだよくわからない、というのが、現在の私の感想です。つまり、認識論者の「『私はあなたに話しかけていないかもしれない』という発話は矛盾していない」という反論が、正しいのかどうか、現在のところ、私には曖昧です。

これでは、反論への批判になりません。
しかし、このように分析しながら、私は、前々回の批判がすこしピントはずれであったということに気づきました。そこで、前々回の批判を、やり直すことにしたいとおもいます。

認識論的個人主義は宝くじを買う

前回の批判に対して、認識論的個人主義者は次のように反論するかもしれません。

<私は『あなたが存在している』と想定しています。そして、全ての表象が私の表象である限り、それが私の表象にすぎず、私の想定に過ぎない可能性はあります。そして、これが、私の想定に過ぎないとすれば、私が今、あなたに話し掛けていることも、実は私の勝手な想定であり、この話しかけは失敗しているということになります。
ちょうどドアを叩きながら、「どなたかいませんか」と質問しているような場合と同じです。もし人がいれば、答えてくれるし、もしいなければ答えは返ってきませんから、この発話は、誰に対する質問でもないことになります。しかし、それでもよいのです。それでも、私は、返答がないことによって、誰もいないという情報を得ることができるからです。
これと同じで、私は、今このようにあなたに反論していますが、そのあなたが私の表象に過ぎない可能性があるとしても、もしあなたから返答が返ってくれば、それによってとりあえず、私はあなたが存在しているという想定を継続する合理的な根拠を得たことになります。もちろんそれが私の錯覚で、実はあなたがいないことがいずれわかるかもしれませんが、しかし、それはわれわれの認識の限界として、引き受けるしかないことだと、私は考えています。ここには、矛盾はありません。
われわれが宝くじを買うときに、「当てよう」と思って買うのですが、しかし当たらない確率が高い、つまりおそらく当たらないだろう思っています。当てようとすることと、当たらないだろうと思うことは、この場合に矛盾していないでしょう。それと同じことです。>

さて、この反論にどのように答えたものでしょうか。

私はあなたに話しかけています

       

前述の認識論的個人主義者からの反論を一旦受け入れて、「相互承認」関係に依拠した、認識論的個人主義への批判の有効性については(まだあきらめていないのですが)一旦留保して、別の面から批判を試みたいと思います。
 
ここで対話の相手の存在認識についての認識論的個人主義者の同様の議論を構成してそれを反論したいと思います。

<私は「あなたが存在している」と想定しています。もちろん、それが私の想定に過ぎない可能性はあります。なぜなら、私は、私の認識の外部に出てゆけないからです。しかし、単なる想定ではなく、実際にあなたが存在することもまた可能です。もちろん、それもまた私個人の想定になりますが、しかし、この想定には矛盾したところはないと思います。>

この議論は、相手「あなた」に話しかけています。「私は存在しない」と言う発話は、周知の語用論的矛盾ですが、「あなたは存在しない」という発話もまた、語用論的矛盾ではないでしょうか。まず、「私は存在しない」が語用論的矛盾になる、ということを確認しておきましょう。
「私は存在しない」と私が発話するとき、
  
   発話行為の事実<私が発話する>と
  発話内容「私は存在する」

が矛盾しています。
これと同様に、「あなたは存在しない」と私があなたに話しかけるとき、

   発話行為の事実<私があなたに話しかける>と 
   発話内容「あなたは存在しない」

が矛盾しています。

もしそのようにいえるとすれば、上の議論の冒頭の部分の発話

  「私は『あなたが存在している』と想定しています。もちろん、それが私
   の想定に過ぎない可能性はあります。」

これは、矛盾しています。なぜなら、この二つ目の文の発話は次のような発話になるからです。

  「あなたは存在しないかもしれない」
あるいはこれをさらに言い換えると、
  「私はあなたに話しかけていないかもしれない」
となります。これらをあなたに話しかけるとき、

  発話行為の事実<私があなたに話しかける>と
  発話内容「あなたは存在しないかもしれない」あるいは
      「私はあなたに話しかけていないかもしれない」

は矛盾しています。

これに対して、認識論的個人主義者はどう反論するでしょうか。

 

生きましょう

    「生きましょう」

生きましょう。何があっても、とにかく生きましょう。
私はいま生きたいです。いつも生きていたいと思いたいです。

老人が増えて、若者が悲鳴をあげるとしても、とにかくできるだけ長く生きましょう。
病気が続いて、周りの人に迷惑をかけても、とにかく長く生き続けましょう。
長生きすることは、人に希望をあたえることなのです。

自殺したいと思っている人の思いはさまざまあるでしょう。
おそらく誰もあなたに死んで欲しいとは思っていません。
みんなが生きてほしいと思っているのです。
とりあえず、もっと生きましょう。

自殺した人を責めることは(誰にも?)できませんが、とにかく、もっと生きてほしかった。
自殺した人も、生きようとしたのでしょう。だから責めることはできません。
しかし、最後の最後に生きようとするのをやめてしまったのです。
だから最後は犬死です。

生きましょう。
そしてほかの人が生きるのを助けましょう。
せめて、人を殺すのはやめましょう。
死んだってかまわないと思う人、殺したいと思う人がいるかもしれませんが、しかし殺すのはやめましょう。
見殺しにするのもやめましょう。

戦争はやめましょう。
死刑はやめましょう。
とにかく、みんなでもっと生きましょう。
餓死してゆく人を見殺しにするのはやめましょう。
多くの難民を見殺しにするのはやめましょう。

みんなが生きられる社会を作りましょう。
もっと生きたいと思う社会を作りましょう。
生きるのが楽しい社会を作りましょう。

できるだけ長く生き続けましょう。
ところで、それに何の意味があるのでしょうか?
それはわかりません。
しかし、生きることがもし何か意味をもちうるとすれば、とにかく生きなければなりません。
よく生きるためには、まず生きなければなりません。
よく生きることが可能なら、少なくとももっと生きようとすることには、意味があるはずです。

死のうとすること、殺そうとすることには、何の意味もありません。
死のうとして死ぬことは、犬死です。
人は意味のない犬死を避け、意味のある死を求めます。
また、知人の死に意味を見つけようとします。
しかし意味のある死は、生きようとすることによって生まれるのです。
もっと生きようとした人の死には、きっと意味があるのです。
そして、たとえ意味がないとしても、生きるのです。

                            (君の命日に)
   

相互承認には共有知が必要

認識論的個人主義者の反論は次のようなものでした。

<私は「他者が存在する」と想定しています。もちろん、それが私の想定に過ぎない可能性はあります。なぜなら、私は、私の認識の外部に出てゆけないからです。しかし、単なる想定ではなく、実際に他者が存在することもまた可能です。もちろん、それもまた個人の想定になりますが、しかし、この想定には矛盾したところはないと思います。>

この反論にどのように答えましょうか。ここで「相互承認」についての認識論的個人主義者の同形の議論を構成して、それを反論したいと思います。
(「相互承認」という言葉をいきなり持ち出すと解かりにくいかもしれません。これはフィヒテに始まる哲学用語です。人間と人間が自然状態でであったときに、戦争状態を避けるために必要とされる、最も基礎的な人間関係のことです。その中身は、「互いに相手の自由のために、自分の自由を制限する」ということです。)

<私は、「Bさんとの相互承認している」と想定しています。もちろん、それが私の想定に過ぎない可能性はあります。なぜなら、私は、私の認識の外部に出てゆけないからです。しかし、単なる想定ではなく、実際にBさんとの相互承認が存在することもまた可能です。もちろん、それもまた私の想定になりますが、しかし、この想定には矛盾したところはないと思います。>
 
これに対する私の反論は以下の通りです。
<相互承認は、互いに承認していることを互いに知っていることを互いに知っているというような反復が可能であるということを、構成条件としています。つまり、認識論的個人主義者が、「私は、「Bさんとの相互承認している」と想定しています。もちろん、それが私の想定に過ぎない可能性はあります。」というのは、「私は「私はBさんと相互承認しており、そのことを互いに知っていることを互いに知っているというような反復が可能である」と想定しています。しかし、それが私の想定に過ぎない可能性はあります。」と認めることになります。しかし、そうすると、これは、相互承認の関係を互いに知っていることを互いに知っているということの無限の反復可能性の主張と矛盾します。>

したがって、相互承認が成立していると考えるのならば、我々は認識論的個人主義を放棄しなければなりません。認識論的個人主義者が、相互承認が成立していると考えることは矛盾しているといえます。

これに対して、認識論的個人主義者は次のように反論するかもしれません。

<上の論証を認めましょう。私がそこから引き出す結論は、上述のような完全な意味でならば「相互承認」は成立しないと主張することです。私は、他者の存在を想定し、彼らを尊重し、ある人々とは対話し、互いに尊重しあっていると想定しています。これもまた私の想定で、間違っている可能性がありますが、しかしあっている可能性もあります。>

さて、この反論にどう答えましょうか。

認識論的個人主義とは

共有知の存在証明に取り掛かりたいとおもいます。

唯物論であれ、二元論であれ、観念論であれ、すべての意識ないし思考は、個人の意識ないし思考であるとしましょう。この立場を「認識論的個人主義」と呼ぶことにします。なぜなら、このときには、全ての認識は、ある個人が行っている認識であるということになるからです。
 このような認識論的個人主義では、私が見ている対象や私の思考は、全て私個人のものです。もし私がBさんと同じ部屋にいて、同じ黒板を見ているとしましょう。このこと、つまり「私がBさんと同じ部屋にいて、同じ黒板を見ている」ということは、私の認識です。私は、Bさんも、同じように考えていると思っていますが、しかし「Bさんも同じように考えている」ということもまた、私の認識です。つまり、認識論的個人主義が正しいとすると、個人が複数存在することを、想定することもまた、ある個人の想定であることになります。
ここから、「認識論的個人主義者が、他者の存在を想定することは自己矛盾している」ということを主張したいのですが、それを主張するには、まだ途中の論証を補う必要があるでしょう。

認識論的個人主義者は次のように反論するでしょう。
<私は「他者が存在する」と想定しています。もちろん、それが私の想定に過ぎない可能性はあります。なぜなら、私は、私の認識の外部に出てゆけないからです。しかし、単なる想定ではなく、実際に他者が存在することもまた可能です。もちろん、それもまた個人の想定になりますが、しかし、この想定には矛盾したところはないと思います。>

 さて、この反論にどのように答えましょうか。
 

そろそろ始めましょう

     先週末見た綺麗な紅葉でした。

そろそろ話しをはじめたいと思います。
ここで「共有知」と呼びたいのは、個人が考えている知ではありません。それは個人を超えて複数の人が共有している知です。諸個人が同じ内容の知を持っており、各人の心ないし頭に同じ知が人間の数だけ反復して成立しているというのではありません。

複数の個人が一つの知を共有すること、内容が同一の知が、人間の数だけ存在するのではなくて、数的に一つの知がそこに存在しているという状態を「共有知」と呼びたいとおもいます。

「そんなバカな」というご批判は、私がそのように考える理由を説明してから、喜んでお伺いしますので、今しばらくお待ち下さい。

思考が停止しつつあるような・・・

多文化主義が、「多文化主義の信念形式」BaやBbをとるのだとすると、
その内容は、上に述べたような条件、つまりその信念条件そのものに矛盾しないという
条件を満たす必要があります。

この条件を満たせば、多文化主義の信念形式には、論理的な矛盾はないということになります。では、このような論理的整合性を満たすための条件以外には、条件は必要ないのでしょうか。凡人さんからのご批判は、これで充分にクリアされたでしょうか。それともまだ問題があるでしょうか。

凡庸な反復

次に「多文化主義の信念形式」のBbについて考えて見ましょう。
Bb「私はpを信じます。しかし、私は、他の人の信念¬pを尊重します。」

この「p」に代入するとBbが矛盾するような命題とは、<その命題pから「他の人の信念¬pを尊重します」と矛盾する命題が導出できるような命題>です。
たとえば、p「私は、C教を信じる、私はC教を否定する信念を尊重しない」という場合です。

写真も文章も凡庸な反復ですみません。

今日は朝から、会議の連続で、
それが終わって幾つものメイルを送って、
それから、夜になって、カントについてNさんにメイルを書いたので、
もう頭が動きません。

Baが矛盾するとき

     紅葉というよりも、黄葉です。

とりあえず、「多文化主義の信念形式」のBaのほうについて考えましょう。
Ba「私はpを信じます。しかし私は¬pを信じている他の人を、人格として尊重します。」

このpにどんな命題を入れてもかならず矛盾するということはありません。
例えばpに「御嶽山には、今雪が積もっている」を入れてもBaは矛盾しません。
このpにどんな価値命題を入れても必ず矛盾するということもありません。
例えばpに「私の作るカレーは、私の作るハヤシライスよりもおいしい」を入れても矛盾しません。

このpに特殊な価値命題を代入するときに矛盾が生じるのです。
では、それはどんな価値命題でしょうか。
その答えは簡単です。
それは、「p」から「¬pを信じる人を尊重しない」や「¬pを信じる人を軽蔑する」や「¬pを信じる人を抹殺すべきだ」などの命題、つまり、「¬pを信じる人を尊重する」と矛盾する命題が導出できる場合です。

では、Bbについてはどうでしょうか。