復習と行き詰まりと・・・

      つかの間の山の中の思索でした。

久しぶりなので、前回の復習からはじめます。

 「個人的な人生に関する私的な人生観」の信念形式である
   ①「私は、私の人生について、pと考えて、生きたい」
の場合でも、このpの内容が他者から批判されることはありえます。
 
 これが批判されたときの答えは、次の二つに一つです。
1、「私は、pについて議論するつもりはなかったのですが、あなたの反論は
   間違っていると思うので、答えましょう。」

このように答えるならば、Xさんは、pを私的な人生観としてではなく、人生論として扱っていることになります。

2、「私は、pについて議論するつもりはありません。たとえあなたの反論が
   正しいかどうかを自分で吟味しようとも思いません。私はpを信じてい
   ます。」
 
私的な人生観①の表明が可能であるためには、この2の返答が可能でなければなりません。2の返答か可能かどうかは、pの内容に依存するように思われます。そこで、問題は、

  「2の返答が可能である場合と不可能である場合のpの内容の違いを、一
   般的に定義するとどうなるでしょうか」

ということでした。

以上が、前回の復習です。

 他者に危害を加えるかどうかが、判別基準でしょうか。

 自分の人生について、他者に危害を加えない方針を主張することが、私的な人生観で、自分の人生について、他者に危害を加える方針は、私的な人生観ではないのでしょうか。
 もし「ひとに認めて欲しかったのに、誰も認めてくれないから、私は社会に復讐するのだ」と考えている人がいるとしたら、それは他者に危害を加える方針なので、批判されてしかるべきです。「社会の誰も君のことを認めてくれないとしても、それを理由に社会に復讐するというのは、飛躍し過ぎではないですか」と批判されて、その人が「私の考え方がおかしいとしても、その責任は社会にあるのだから、いまさら社会からとやかく言われたくない。」と開き直ったらどうしたらよいでしょうか。つまり、彼のとの議論が、理論的な議論にならないとしたらどうでしょうか。そのとき、彼のその主張は、議論可能な哲学的人生論であるとは、いえないだろうとおもいます。それは彼の私的な人生観だ、と言う方があっているような気がします。
 つまり、他者に危害を加えるかどうかで、哲学的な人生論か、私的な人生観か、を分けることには無理があるようです。

 どこか変ですね。どこかで、議論が間違っているのでしょう。
 
 もう一度やり直しましょう。

 哲学では、何度でも最初からやり直すことが必要です。
 (変な話かもしれませんが、<行き詰まっても、何度でも最初からやり直すことができる>ということも、哲学の楽しさの一つかもしれません。それは、楽しさでなく、気楽さ、と言うべきかもしれません。最初からやり直しても、誰にも迷惑をかけません。哲学は、我々を身軽にするのです。)

 ということで、久しぶりなのに、今日はここまでです。

投稿者:

irieyukio

問答の哲学研究、ドイツ観念論研究、を専門にしています。 2019年3月に大阪大学を定年退職し、現在は名誉教授です。 香川県丸亀市生まれ、奈良市在住。

「復習と行き詰まりと・・・」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。