議論と会話

昨日の続きです。
<議論できる>ためには、<問題を共有する>に加えて、何が必要なのでしょうか。

<議論を開始する>ためには、<問題を共有する>ことが必要でした。しかし、開始してもその議論が行き詰まると、議論を継続することができなくなります。
<議論を継続する>ためには、議論の進展が必要です。議論が進展するとは、問題解決に近づくということでしょう。<問題解決に近づく>とは、ある問題を解決するための方法がわかる、解決の方法についての合意ができる、ある問題を解決するために解決すべき下位の問題が解決するか、下位の問題の解決に近づく、などです。他にも、いろいろな事柄が考えられそうです。
議論を継続できなくなったとしても、それまでの議論が無効になるわけではありません。議論は、記録して保存することが可能で、(よいアイデアを思いついたり、状況が変化したりして)いつか再開する可能性があります。

さて、話題をもとに戻しましょう。
  人生についての議論できることが、<哲学的な人生論>であり、
  人生についての議論できないけれども語りたいことが<私的な人生観>である。
と言うようなことを昨日述べました。

 人生について議論するには、<問題を共有する>必要があります。そして、それに加えて、議論したいと思っている必要があります。その場合には、とりあえず、<哲学的人生論>が成立します。

 それに対して、<私的な主観的な人生観>の場合には、議論できないけれど語りたい、と言う場合もあるでしょう。そのとき、その人は一方的に語りたいのでしょうか。説教したい人は、一方的に語りたいのかもしれませんが、しかし説教したい人は、その説教の内容が、私的な主観的な人生観であるとは思っていないでしょう。そのように考えると、私的な人生観を語る人は、会話したいのだとおもいます。(議論したいけれどできないので次善の事柄として会話を希望する、という場合と、議論できるとできないにかかわりなく、議論はしたくなくて、ただ会話がしたい、という場合に分けることができるかもしれません。)

 では、会話するために必要な条件は何でしょうか。昨日述べたように、会話するときには、<問題を共有する>必要はありません。会話に必要なのは、<話題を共有する>ことです。

 では、<問題を共有する>ことと<話題を共有する>ことは、どこが違うのでしょうか。

投稿者:

irieyukio

問答の哲学研究、ドイツ観念論研究、を専門にしています。 2019年3月に大阪大学を定年退職し、現在は名誉教授です。 香川県丸亀市生まれ、奈良市在住。

「議論と会話」への3件のフィードバック

  1. наш сайт добрый! я Переходите на наш сайт – зерекала Отличный сайт для проведения времени. Заходите и смотрите. Переходим к нам на сайт сюда. Сайт для для всех людей. Отличный для сайтов. Если он хотите. ваш рекомендованный

  2. входите к нам привет! я Хотел бы порекомендовать сайт – 1xbet рабочее зеркало Прекрасный сайт для проведения времени. Заходите и смотрите. Переходим к нам на сайт сюда. Сайт для всех нам. прекрасный для сайтов. Если они хотите. рекомендуем переходящий

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。